失敗しない為のデリヘル店の予約の仕方と待ち時間の過ごし方をアドバイス!

デリヘル店のホームページなどを閲覧して呼びたい女の子を見つけたら早速お店に電話して部屋に呼ぼう!という前にスムーズに且つ快適に事が進むよう予約の仕方と待ち時間の過ごし方をアドバイスしたいと思います。

指名と予約の取り方あれこれ

まずほとんど場合、ホームページで写真を見て自分の好みや希望プレイOKな女の子を選ぶと思いますが、指名をすると女の子の指名料というものが発生する為、出来るだけ費用を抑えたいと考えると人は指名せずにフリーを選択しがちです。

もちろん誰が来るかわからないドキドキ感が楽しかったりもするので一概にどちらが良い!とは言い難いものがありますが、まず失敗しない、後悔しないという事を念頭に置くとするならば、個人的にはやはり指名をオススメします。

地雷を踏んでしまうかもしれないというリスクはデリヘル利用の金額から考慮しても大分ギャンブル性が高くなってしまうのではないかと思います。

また、店に連絡を入れて予約を取る際に、当日じゃなくても前日など前もって都合の良い日程に予約を入れる事のできる店舗を結構あったりしますが、大抵でデリヘルを利用する時はその時の突発的感情で呼びたくなる場合が殆どだと思いますが、まず電話で伝えてはいけない事の注意点をご説明します。

まず電話を掛けた際に店員さんの方から、希望の女の子について聞かれると思いますが、その他にも希望のオプションやサービスコースを伝え、希望する女の子のスケジュールに空きがあればそこで予約が成立します。

まずフリーの場合からですが、指名せずにフリーで予約した場合、上でも述べた様に地雷を踏んでしまう可能性があるので、出来るだけ自分の好みや希望を詳しく伝えるようするのがベストです。

デリヘルはサービス業ですから、店員さんもお客の希望に出来るだけ答える努力をしてくれるはずですから、店員さんを信じるのも一つの手ではあるのですが、人によって好みがまちまちだし一言で「可愛い系」「ロリ系」「ぽっちゃり系」というだけでも人によってそれらに対する感覚や概念は違いますので、細かく、そして情熱的に自分の希望を店員さんに伝えるようにしていくのが最善の方法になるわけです。

中には恥ずかしくて面と向かって言えない!なんて思う人もいるかもしれませんが、電話だけですからお互いに顔が分かるわけではないし、そもそも店員さんは色々な客の希望や性癖をもったお客さんの対応をしてきている為、貴方の希望を言っても何とも思わないというのが事実ですから、恥ずかしいという気持ちを捨てて電話する事をお勧めします。

指名の場合ですが、ホームページで女の子を選りすぐりの一人を決めたとしても都合の良いタイミングでその女の子のスケジュールが空いていない!という問題も起こりえますので、どうしてもその子以外とはやりたくない!というのでなければ第2希望、第3希望を予め電話する前に選んで置くのが大事です。

そして予約の際に名前と電話番号を伝える事に抵抗を感じてしまうかもしれませんが、このご時世、デリヘルは最早立派なサービス業として確率されているマーケットですから、怖い人達と変なトラブルに巻き込まれるんじゃないかという心配は一切無用です。

それでもどうしても本名を明かしたくないのであれば、お店にとって名前は重要ではありませんので偽名を使っても問題ありませんが、電話番号だけは架空のものではなくしっかりと連絡の取れる電話番号を伝えるようにする必要があります。

さもないと、もしデリヘル嬢が道に迷った、何かの事情で時間に遅れてしまうなどの際に連絡が付かないとお互いに面倒な思いをしてしまうからです。

そしてデリヘル嬢をどこに呼び出すかですが、殆どの場合は自宅かホテルに呼び出す事になると思いますが、この時に注意したいのが、女の子を呼び出したい場所が派遣可能な地域かどうかという事も考慮に入れるべきであり、デリヘル店舗ごとに有料で派遣してくれる地域や無料で派遣してくれる地域、または派遣ができない地域などもあったりしますが、派遣が可能な地域で交通費が1000円からなど、場所によって交通費の値段が変わってくる事が多くありますので、ホームページ内の規約などをしっかり読んで頭に入れて置くようにして下さい。

え!こんなに近いのに交通費払わないといけないの!?と思う事もあるかもしれませんが、デリヘル嬢は基本、ドライバーの送迎で現地に赴きますので専用のドライバーの人件費やガソリン代などもそこに加わることを考えれば至極当然の流れとなるわけです。

ホテルに女の子を呼ぶ場合

派遣可能な地域であればどこでも呼び出せるという訳ではないという事も知っておきたいのですが、中にはデリヘルの派遣が不可能なホテルも存在しています。

それもよく分からなければ、店員さんに派遣可能なホテル、もしくは希望のホテルが派遣可能かどうかしっかり確認しておくことを忘れずに!一見面倒なように思えるかもしれませんが、ホテルに呼ぶメリットとしては、女の子と楽しんだ後、自分で掃除をする必要がない点やどうしても自宅に呼べない、呼びたくないという時に重宝します。

自宅に女の子を呼ぶ場合

言わずとも自宅に女の子を呼ぶ場合は、ホテル代金などのデリヘルに支払うお金以外がかかりませんが、部屋に呼んだ女の子から、部屋が汚い、臭うなどとクレームがあった場合、次回以降自宅に呼ぶことができなくなってしまう可能性もあります。

それはある意味でお店側も大切な商品である女の子に対するケアをしっかりしている優良店と言えますし、お金払ってるからといって何でもまかり通る訳ではないのが世の中の常識ですので、お店側も客側もマナーをもって対応するように心掛けて性サービスを楽しんでくれる事を願います。

女の子が来るまでの間にやっておきたい事

デリヘルを呼ぶ場所がホテルならば特に何もしなくて良いと思うのですが、呼ぶ場所が自宅の場合はいくつかの事前準備が大切です。

ここでもう想像つくかもしれなませんが、まず部屋の掃除は怠らないようにしましょう。いくら自分がお客だからといって女の子にゴミで溢れかえった部屋を見せるのは考えものですから、相手は感情を持った一人の女の子という目を持って対応するようにし、また寝室やお風呂の掃除もしっかりとしておくことをお勧めします。

一連の流れとして女の子が部屋に入ったらまずシャワーを浴びることになりますので、お風呂やシャワールームが垢で汚れている、排水溝の匂いが気になるなんて事にならないようにしっかりお掃除しておく事が肝心です。

寝室はプレイをする場所になる訳なので、ベットが汚れていたらそれもNGです。

それもそのはず、汚れたベッドの上でプレイなんて誰もしたくありませんから、お互いに快適なプレイを楽しむ為にも寝室の掃除も怠らないようにするのは必須です。

身だしなみを整えよう

男でも女でもエッチをするなら清潔感のある人としたいと思うのが常識ですよね?もちろん過剰に身だしなみを整える必要はありませんが、最低限の身だしなみを整える事で女の子からも好印象をもたれます。

爪のチェックや歯磨きも忘れずに行いましょう。爪が長いと女の子の体を傷つけてしまう事になるかもしれないし、息が臭かったら相手を不快にさせてしまいます。

サービス行とは言え相手も人間ですから、女の子に良い印象を持ってもらう事で女の子からより良い奉仕が期待できたらサービス以上の満足感を得られる可能性が高まりますので、利用する客としては身だしなみを整える事はプラスになるという事になるわけです。